シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 感想

最強のBBQ(オフ会)を不定期で開催しております。

最強のBBQ(オフ会)を不定期で開催しております。
最強の食事BBQ

arrowdown

shousai_finger_red_kakumaru

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える「最強の食事」
世の中には多くのダイエット神話や、健康法が存在します。
きっとあなたも、一度ではなく二度三度と、これらは耳にしていることでしょう。そしてきっと
一度はそれらに挑戦したこともあるでしょう。
・炭水化物を抜くと痩せる
・食べなければ痩せる
・空腹をガマンする
・低脂肪ダイエットは健康的
・摂取カロリーを減らせば痩せる
・運動すれば痩せる
きっとこれは普通に考えれば当たり前の事なのかもしれません。
摂取するカロリーが多ければ多いほど太る、すなわち、摂取するカロリーを減らせばよい、または運
動してカロリーを消費すればよい、のですよね。
そしてこれらのダイエット神話に加えて、
フルーツはいい、生野菜はいい、オーガニックはいい、コーヒーは身体にいい、または悪い・・・そ
ういった健康法も世の中にはあふれています。
しかし、それらは実際、正しいのでしょうか。
私達の心、身体、すなわち思考は、私達が口にするもので出来ています。
何をいつ、どのように食べるのか、それはなぜなのか。
どんな食品がどのように体内や脳に働きかけるのか・・・。
そういうことをきちんと理解した上で、正しいダイエット法を行う事が必要なのではないでしょう
か。
この本の著者であるデイヴ・アスプリーは、多くの時間とお金を使い、世界中全てのダイエットを研
究し、自らの身体を使ってそれを分析しました。
そしてそれらをデータとして実験したのち、新たな「完全無欠ダイエット法」を生み出すことになっ
たのです。
ダイエットとは、ただ食べるものの量ではありません。
そして、運動さえも、ただたくさんすればいいということではありません。
あなたが感じる感覚が一番大事であり、誰かに効くとされるものはあなたにも当てはまるものではな
いのです。
それを著者デイヴ・アスプリーは、下記のダイエット神話をもとに解説しています。
ダイエット神話1、体重が減らないのは「努力が足りない」せいだ・・・そうではない理由
ダイエット神話2、空腹を「ガマン」すれば痩せられる・・・そうではない理由

ダイエット神話3、「低脂肪ダイエット」は健康的・・・そうではない理由
ダイエット神話4、「脂肪」を食べると太る・・・そうではない理由
ダイエット神話5、「カロリー」を減らせば体重は落ちる・・・そうではない理由
ダイエット神話6、フルーツは身体に良い・・・そうではない理由
ダイエット神話7、原料には「長時間の運動」が必要・・・そうではない理由
ダイエット神話8、コーヒーは身体に悪い・・・そうではない理由
ダイエット神話9、「塩」が身体の不調をつくる・・・そうではない理由
ダイエット神話10、「何事もほどほどに」が成功のカギ・・・そうではない理由
これらのタイトルを見るだけで、ダイエットというものがいかにタイトル通りだと信じられて来たか
ということがおわかりいただけるかと思います。
ところが、これらを「違う」とする、それが「完全無欠ダイエット」であるわけです。
カロリーを計算することだけが太ると言われる根拠には、脂肪分が身体に及ぼす関係性は全く無視さ
れています。
「脂肪を食べると太る、すなわち「カロリーが高いから太る」とするのではなく、脂肪を摂取するこ
とで体内に起こっている栄養素としての役割を知ることが大切なのです。
身体機能で言うのであれば、正しい脂肪を十分に食べれば、身体は効率よく脂肪を燃やしてエネル
ギーにし、健康な身体を作ります。
では、その為に必要な「正しい脂肪」とは何か・・・そこが「完全無欠ダイエット」の大きなポイン
トになるわけです。
例えば、その「正しいもの」については、こんなことも書かれています。
・加工食品やGMO製品(遺伝子組み換え作物)がいかに身体に影響を及ぼしているかということ。
・野菜、果物、穀類、ナッツ類、乳製品などの本来の力を知ること。
・コーヒー、炭水化物とカビ、そして脂肪との関係性
・体内に潜む多くの「細菌」を目覚めさせることの重要性
・炭水化物を摂取する必要性
・カロリー計算をする必要のない理由
そんな著者の勧める「完全無欠ダイエット」とは、すなわち、食べるものと、時間を考慮するという
こと。
それによって、摂取するものが身体へいい影響を与えてくれて、脂肪を燃えやすくさせ、身体を痩せ
型へ変え、集中力を上げ、空腹にならず、贅肉を落とし、運動をしなくても引き締まった身体へと変
化させてくれます。
そうすることで、寝ている間に痩せる体質へと変化させることが出来、運動量を減らしても筋肉がつ
く、としています。

食品のいいもの、良くないもの
どんな食品を、いつ、どのように摂取すべきか
飲み物のいいもの、良くないもの
どんな飲み物を、いつ、どのように摂取すべきか
調味料のいいもの、良くないもの、
どんな調味料を、いつ、どのように摂取するべきか
これを、野菜、脂肪、ナッツ、など多くの食品名を出して細かく説明されているので、
今までいいと思っていたもの、いいと思っていた事が、見事に覆されていきます。
例えば、テレビで「バナナは身体にいい」と放送されて、スーパーマーケットからバナナが消えるよ
うな現象がよくあったけれど、そんな栄養豊富だと言われるバナナでさえ、「完全無欠ではない」と
されているのです。
そんな完全無欠ダイエットの「2週間プログラム」。
今までの価値観を変え、新たな食品の取り方を受け入れ、2週間であなたの脳と身体を完全無欠にし
て行きます。
しかしそのために最初に取りかからなければならないのは、家にあるハイリスクな食品は全て処分
し、あなたのハイリスク食品を突き止める事。
人それぞれに、合うもの、合わないものがあります。
そこで食物探知無料のアプリケーション「完全無欠フード・ディテクティブ(英語)」を使って、食品
アレルギーテストを行ってみましょう。
人は、アレルギー物質を食べると脈拍が予想数より上昇するという性質を持っているので、まず朝一
番の脈拍を計って、休眠期の心拍数を確認し、食事前に食事の内容を記録し、脈数を測定します。
アプリケーションは、食後30分ごとに1時間半にわたって心拍数を計るように指示を出してくるこ
とになっているので、その都度測定します。
そうすることによって、食べたものがあなたにとっていいのかわるいのかの変化が見れるのです。
このアプリケーションを使えば、完全無欠ダイエット中の2週間は、アレルギー反応がいかにないか
を知る事にもなるでしょう。
2週間のプログラム中は、毎朝、朝食に完全無欠コーヒーを飲むことからスタートします。
このコーヒーは、栄養素も豊富な上に、空腹感と食欲のスイッチを切り、朝のエネルギーを高め、脳
と身体に燃料を与えてくれる、大切な朝の第一歩です。
そしてその後には、野菜を中心に、たくさんのヘルシーな脂肪と、ほどほどのたんぱく質、少量ので
んぷんを摂取出来るようにメニューが書かれています。
完全にプログラムに従わなくてもいいとされる「おやつ」も記載されていますよ。
今まで、あいまいにしてきた食事を、完全なものにし、大きく変化させて気分を爽快にさせる事、そ
れこそが完全無欠ダイエット。
その為に、2週間の完全メニュープランを記載しています。

その時の気持ちで選べるように、各カテゴリーが定められているので、ストレスを感じる事もありま
せん。
また、記載されているメニューは、ビーフシチューや、ミートボール、スモークサーモン、カップ
ケーキなど、美味しそうなものばかり。
でも基本は、良質の豆から淹れたコーヒーと良質の無塩バター、ココナッツオイルを混ぜたクリー
ミーな完全無欠コーヒーを飲むこと。
たったの、それだけなんです。
あなたの執着心や体質を大きく変えることになる、
そしてあなたの体調と体型も帰る事になりなる、世界中のセレブの中で大流行した、完全無欠ダイ
エット。
是非、読んでみてください。